ホームページオープンから1週間

2017.10.17

ホームページオープンから約1週間が経ちました。

オープン間もないにもかかわらずたくさんのお客さまにアクセスしていただき、会員登録もしていただきました。ありがたいです。

リノベ情報館では会員登録をしていただいたお客さまの、ニーズに合わせたリノベーション済み物件、リノベーション前の物件を基本的にメールにて提供しております。(お電話、FAX御希望のお客様はそのように対応させていただきます)

物件購入に際しての金融機関のローン付け、いったい今の所得でどのくらいまでローンが組めるのか?物件購入するのにどのくらいの費用がかかるのか?など、事前審査、資金計画など全て無料で情報提供させていただいております。

当ホームページでは「今後時代は新築よりリノベーションへ向けて」「リノベーション済み物件をやみくもに探さないこと」「人為的な価格操作に惑わされないこと」そしてなによりも「資産として未来設計をして行くこと」を意識し、お客さまに かしこく 素敵な リノベ生活 & 人生設計 を提案して行く事が一番の役割だと思っております。

会員登録特典の一つとして「AI相場から予想するリノベ㎡単価」をお客さまに情報提供しております。

これは、人為的な思惑が入らない状態での物件相場をAIを駆使してはじき出し「この物件に上乗せされている金額はいくらなのか?リノベーション分の代金は㎡単価でいくらくらいをつけているのか?」を予測するものです。

実際、中古マンションを購入して街の安いリフォーム会社などにリフォームを依頼しても、㎡単価70,000円以上はかかってしまいます。これがフルスケルトン状態、もしくはそれに準ずる状態にしてからの「リノベーション」となりますと、㎡単価100,000~150,000円。デザイン性や設備機器類にこだわると150,000~250,000円になります。

私たちリノベ情報館で掲載する物件のほとんどは、リノベーション施工会社が中古物件を買取り、自社で施工し、付加価値をつけて販売している物件です。

希少価値の高いエリア、ブランドマンション、駅近物件等は中古物件(リノベーションをしていない状態)でも、かなり強気の価格設定が行われている場合が多く、その殆どの場合、オーナーは個人のお客さまでありますので、買い替えが絡んでいたり資産として売却することになります。

その場合、当然ではありますが、どのオーナー様も「出来るだけ高く売りたい」という考えになります。

このような事から、中古マンションを購入してからのリフォーム、リノベーションについては価格的なリスク、物件を購入してからの新たに発生する金額が高くなることがほとんどです。

その点、リノベーション済みマンションはリノベーション施工業者が独自に買取り、一社で施工していますので、新たにかかる設備機器類、手配する職人、設計者などを他の物件とシェアしており、その分コストの削減が実現できるということなのです。

しっかりと未来設計をして かしこく 素敵に リノベ生活、始めてみませんか?