リフォームとリノベーションの違い

最近よく耳にする「リノベーション」。説明を聞くと「それってリフォームとどう違うの?」という疑問が浮かぶと思います。
リフォームとリノベーション。どちらも“古くなった住まいに手を加えること”ですが、この二つの言葉の違いはどこにあるのでしょうか?

リフォームとリノベーション

リフォーム

原状回復のための修繕・営繕、
不具合箇所への部分的な対処。

リノベーション

機能、価値の再生のための改修、
その家での暮らし全体に対処した、
包括的な改修。

実はリフォーム・リノベーションともに国で定められた明確な定義はないです。
メディアやリフォーム会社・リノベーション会社が、それぞれの解釈で使い分けているのが現状です。

どちらの言葉で表現しても間違いではないのですが、住まいに手を加える時の意図や目的で使い分けられています。

主要なリノベーション関連企業が加盟している「一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会」では、以下のように定義・分類されています。

リフォームは元に戻すリノベーションは作りかえる

リフォーム

古くなった住まいを、
新築当時の状態に戻すこと。

リノベーション

古くなった住まいを、
いちから創り直して
価値を高めること。

リフォームという言葉を分解すると「Re + Form」。「形を元に戻す」という意味になります。
一方、リノベーションは「Re + Innovation」。Innovationを和訳すると、「革新」「刷新」「一新」といった意味です。

マイナスの状態だった古い住まいを“ゼロ”に戻すのがリフォームだとすると、リノベーションは機能性やデザインといったさまざま側面において、“プラスα”で価値を高めること。

例えば築30年のマンションに手を加える際に、キッチン、トイレなど水回りの古い設備や、汚れた壁紙などを取り替えて改修することは「リフォーム」に分類されるでしょう。

一方、「リノベーション」は、さらに根本から住まいのプランを刷新します

築30年の古いマンションは、ファミリーを想定した画一的な間取り。個室が細かく区切られて、客間を想定した和室が陽当たりのよい場所に配置されたりと、いまの時代のライフスタイルに合わない部分が多くあります。また住む人によって「心地いい間取りやデザイン」もそれぞれ異なります。

古い住まいをキレイにするというだけでなく、いまそこに住む人の暮らしにあわせた形へといちから創りかえることがリノベーションというわけです。

リノベ情報館とは?リノベーションのメリットリフォームとリノベーションの違い